ラ・ヴォーグ

VIO脱毛の施術方法を詳しく解説!

 

  • 「デリケートゾーンの自己処理は大変だから、脱毛したい!」
  •  

  • 「脚や腕の脱毛と一緒に、VIOも脱毛したい!」

 

と思う方もいると思います。

 

 

ただ、VIO脱毛をするときに、脱毛サロンのスタッフに見られてしまって、恥ずかしい思いをするのでは…、と心配にもなるでしょう。

 

そんな方の心配を少しでも減らすために、こちらではVIO脱毛の施術方法について、お話していくことにします。

 

 

まず、VIO脱毛の施術を受けるときは、脱毛サロンなどで用意されている紙ショーツを履きます。

 

 

Vラインの施術のときは、仰向けになって紙ショーツをずらして、ジェルを塗ってから施術をしていきます。

 

Vラインの施術の際には、「どのような形に仕上げたいのか?」ということをスタッフから聞かれるので、施術前に考えておくと良いでしょう。

 

 

Iラインは、仰向けの状態から片膝を立てて外に倒した状態で、紙ショーツをずらして施術していきます。

 

そして、片側ずつ順番に施術をしていきます。

 

 

Oラインは、うつぶせになって紙ショーツをずらして、おしりの部分を少し開かれて施術されます。

 

脱毛サロンによっては、四つん這いになっておしりをスタッフの方に向かって突き出して、施術するところもあります。

 

四つん這いになって施術を受けるのは、さすがに恥ずかしいですよね。

 

VIO脱毛の中でも、Oラインの脱毛が一番恥ずかしさを覚えるかもしれません。

 

 

また、VIOの部分はお肌が薄く、生えている毛が濃いために施術の痛みを感じやすいです。

 

そのため、VIO脱毛を始めるには勇気が必要だと感じる方もいるかもしれませんね。

 

 

ですが、VIO脱毛を完了させてしまえば、その後の手入れは格段に楽になりますし、生理時の蒸れやニオイも改善されます。

 

痛みが心配だと感じる方もいるかもしれませんが、何度か施術を受けているうちに毛も薄くなっていきますから、痛みも感じにくくなることもありますよ。

 

それほど不安にならずに、VIO脱毛に挑戦してみてはいかがでしょうか?